「永遠のゼロ」①感動と憤りの一冊

百田尚樹氏については第10回本屋大賞を受賞した「海賊と呼ばれた男(上下)」の著者で、最近メディアによく出ており、スジの通ったコメントをする人だな程度の知識しかなかったが、私は590ページの大作を感動と憤りに打ち震えながら一気に読んでしまった。
我々が戦史研究をするときにいつも感じるのは勝因・敗因については多角的に分析し、教訓事項を導き出すのが常であり、指揮官の統率力については殆ど批判を許さない雰囲気がある。

 わたしはこれに関していつも不満であった。
戦闘に負けた最高指揮官が更迭または降格されたとか、敗戦の責任を取って切腹したという話は寡聞にして知らない。
しかし百田氏は私たちが日頃不満に思いモヤモヤしたものを、生き残った特攻隊員が吐露する形で完膚なきまで批判している。
私は特攻隊員ばかりではなくこの戦争に参戦した兵士には深甚なる敬意を払うものであるが、兵士を無駄死にさせた指揮官や高級参謀には激しい憤りを感じている。

 よく日本人は韓国人を夜郎自大にして事大主義者と批判するが、終戦直後は、
・戦前と打って変わって米軍に媚を売る国民、
・恥ずかしげもなく急展開してGHQの手先になり愛国心を持つことは罪悪であるとしたマスコミと教育界、
・日本は素晴らしい国であると主張した航空幕僚長を呼び捨てにし、クビにしたトキの総理大臣、
・未だにキレイごとのお題目ばかりとなえて靖国神社に参拝もできない政治家たちが日本の主流を占めており、
・外国からの理不尽な要求に対して何も言えず、事なかれ主義に徹した政治家・高級官僚はモウケ主義の財界とつるんで大きな力を持っている。
今まさに寄らば大樹の蔭的な日和見主義がまん延していると言える。
これでは韓国ばかりを批判できないのではないか。
この本は男性ばかりではなく女性にも是非読んでもらいたい一冊でもある。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://depot3.blog75.fc2.com/tb.php/96-d45b4836

«  | HOME |  »

プロフィール

野生馬 太郎

Author:野生馬 太郎
欧米列強と必死に戦ってきた爺ちゃんたちの名誉のために!

アジアの歴史と各民族性の相違を理解するために!


最新記事


カテゴリ

戦争裁判 (13)
満州開拓団 (2)
戦後処理 (4)
朝鮮半島引揚げの惨事 (4)
終戦直後の混乱 (9)
北朝鮮への帰還運動 (2)
シベリア抑留 (4)
慰安婦 (16)
その他 (7)
未分類 (0)
サハリン(樺太)韓国・朝鮮人残留 (3)
終戦時の朝鮮半島 (1)
韓国軍 (4)
日本人捕虜虐殺 (1)
空襲被害 (6)
海外からの引揚 (9)
日本占領 (1)
ソ連軍の暴虐 (3)
慰霊 (1)
戦場の実相 (8)
在日 (5)
韓国の売春事情 (9)
アメリカ (2)
メディア論 (1)
高級幹部 (2)
負け犬の心理 (2)
中国の不条理 (2)
歴史認識 (10)
北朝鮮 (2)
台湾 (1)
北海道が危ない (6)
満洲 (15)
韓国・北朝鮮の国民性 (2)
国家 (1)
朝鮮人強制連行 (1)
国家の軸 (1)
共産党研究 (1)
政治家のあるべき姿 (1)

月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード