「永遠のゼロ」② それでも日本人か!!!

それでも日本人か!!!

関大尉 さぞかし無念でありましょう
 シベリアで強制労働に従事させられた57万5000余の日本人の収容所の多くは酷寒の地にあり,栄養・衛生状態が劣悪なうえ高度な労働規準(ノルマ)が課されたため多くの死者・病者を出した。収容所内での私的制裁や〈民主運動〉もひろがり,〈暁に祈る〉〈吊し上げ〉などが行われたという。
これは何を意味するかといえば、同じ民族でありながら同胞を裏切って強者であるソ連側につき同胞に対し吊るし上げをやり、支配者側に媚を売って、自分の心証を少しでもよくしようとする浅まし行為であった。引き揚げ時においても「天皇島上陸」と称し代々木の共産党本部まで行進したという。そんな日本人を信用できますか。

 戦時中は軍の命令で散華した関大尉は軍神として日本中から誉めそやされていたにもかかわらず、戦後一転して戦争犯罪人扱いされ、母親は息子の墓をつくるのも許されなかったという。こんな不条理な話がありますか。
政府の命令で軍に召集され、武器を持って戦った軍人を戦争犯罪人扱いをし、戦死したあとも政府から公式にお参りもされず、戦争中は煽りにあおった朝日新聞・NHKをはじめとするマスコミが、当時国家として存在もしていなかった中国・韓国の情報戦略に乗せられて国を売る行為に熱中している日本はおかしいとは思いませんか。
これが本当に武士道の国なのか・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「永遠のゼロ」
第7章 狂気 344ページ
 関大尉は軍神として日本中にその名を轟かせた。関大尉は母一人子一人の身の上で育った人だった。一人息子を失った母は軍神の母としてもてはやされたという。しかし戦後は一転して戦争犯罪人の母として、人々から村八分のような扱いを受け、行商で細々と暮らし、最後は小学校の用務員に雇われて、昭和二十八年に用務員室で一人寂しく亡くなったという。「せめて行男の墓を」というのが最後の言葉だったという。戦後の民主主義の世相は、祖国のために散華した特攻隊員を戦犯扱いにして、墓を建てることさえ許さなかったのだ。関大尉の妻は戦後、再婚したと聞いている。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://depot3.blog75.fc2.com/tb.php/95-31a1eb3a

«  | HOME |  »

プロフィール

野生馬 太郎

Author:野生馬 太郎
欧米列強と必死に戦ってきた爺ちゃんたちの名誉のために!

アジアの歴史と各民族性の相違を理解するために!


最新記事


カテゴリ

戦争裁判 (13)
満州開拓団 (2)
戦後処理 (4)
朝鮮半島引揚げの惨事 (4)
終戦直後の混乱 (9)
北朝鮮への帰還運動 (2)
シベリア抑留 (4)
慰安婦 (16)
その他 (7)
未分類 (0)
サハリン(樺太)韓国・朝鮮人残留 (3)
終戦時の朝鮮半島 (1)
韓国軍 (5)
日本人捕虜虐殺 (1)
空襲被害 (6)
海外からの引揚 (9)
日本占領 (1)
ソ連軍の暴虐 (3)
慰霊 (1)
戦場の実相 (8)
在日 (5)
韓国の売春事情 (9)
アメリカ (2)
メディア論 (1)
高級幹部 (2)
負け犬の心理 (2)
中国の不条理 (2)
歴史認識 (10)
北朝鮮 (2)
台湾 (1)
北海道が危ない (6)
満洲 (15)
韓国・北朝鮮の国民性 (2)
国家 (1)
朝鮮人強制連行 (1)
国家の軸 (1)
共産党研究 (1)
政治家のあるべき姿 (1)
中国人とは (1)
日本の伝統文化 (1)

月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード