「悪韓論」 韓国型生活様式が内包する売買春天国③

「悪韓論」 韓国型生活様式が内包する売買春天国③
                     室谷克実
■「システムを輸出、人員も派遣」で悪の世界拡散
 韓国人の海外での売春は三つのタイプに分類できる。
 一つ目は、性売買特別法により売買春取締が一時的に強化された際、国内職場を失った専業売
春婦が業者の誘導で海外に出たコースだ。典型はアメリカだ。
 「コリアンーマッサージ追放運動」が起こると、湯所を移し、いまやテキサスの郡部にまで展
開している。摘発される店の名前は、例えば「ハルコ」といった日本名であることが少なくない。
 二つ目は、韓国人ビジネスマンの海外進出に伴い、彼らの需要に応じる形で、業者が売春婦を
募って進出するケースだ。中国の青島が典型だ。そこには韓国式の風俗店が百店余りあるという。

 前掲した朝鮮日報の特集の中で、ソウル大学国際大学院のチョンージェウォン博士は「韓国社
会の飲酒文化に慣れた韓国人男性たちは、海外でも接待女性のいる店に行く。
このような需要があるため、女性は売春目的で海外に出ていく」と指摘している。
 同特集では、大手企業社員(34)も「海外に出張した際、夜の零時を過ぎれば行くところがな
い。そのため韓国人女性がいて酒が飲める店に行くようになる」と語っている。
 さらに特集記事は、こう伝えている。
 「ソウルのマッサージルームには、日中からスーツ姿のサラリーマンが出入りしている。
オフィステル売春、フルサロン、ルームサロンなど、語源の分からない言葉もいつの間にか次々
と誕生している。さまざまな形態の風俗店が毎日のように新たに登場しているからだ。このよう
に韓国国内の『風俗インフラ』に慣れた韓国人たちが、海外に出ても同じような感覚で売買春を
行っている」
 韓国紙の表現を借りれば、韓国とは「飲酒大国」であり「夜更かし大国」だ。そして手軽な「
風俗インフラ」が整っている。そうした日常を「韓国型生活様式」(コリアン・ウェイ・オブ・
ライフ)とでも呼ぶならば、韓国型生活様式の海外搬出と人員の海外派遣が行われているのだ。

 海外に搬出された装置は、現地人も雇い入れ、現地人も顧客として呼び込むのだから、悪い風
俗の海外拡散に他ならない。
 海外で摘発された売春婦が語ることは半ば決まっている。
 「簡単に稼げる職があるからと編されて……」と、お得意の被害者になるのだ。実際には「私
債を返せなくて、私債業者に斡旋されて……」のケースが増えているようだ。
 韓国人売春婦の集結地には、追うようにして韓国人ホストクラブが開店することも一つの特徴
だ。ホストクラブの客の圧倒的多数は韓国人売春婦だという。
 三つ目は、「フリー」のタイプであり、女子大生がワーキングーホリデー・ビザを使って出国
し、行き当たりばったりの売春で金を稼ぐのが典型だ。豪州や日本での摘発例が多い。
 それなのに、韓国政府は日本に対してワーキング・ホリデー・ビザの人員枠拡大を要求してい
る。鉄面皮の政府だ。
 「青少年の交流拡大」といった名目が付くと、すぐに賛成する日本の国会議員とはいかなる存
在か。別ルートで「ロビー」されていると疑わざるを得ないではないか。
韓国人の海外進出売春全体の中で見ると、日本は特殊なケースらしい。
 「現地の暴力団と癒着しているため、取り締まりや処罰されるケースがほとんどない。地方都
市の風俗街では韓国人女性が集団で風俗店を経営しているケースもある」(同前)
 その「現地の暴力団」の三割が在日韓国・朝鮮人であることを、韓国のマスコミは伝えたこと
がない。それよりも、日本の警察は何をしているのだ。

 中央日報(12・12・4)も禁止法八年の特集を組んだ。
 それによると、「男性の四九%が平均八・二回の買春経験、一回当たり支払額は十三万四千ウ
ォン」。そして、「取引先の人々と会った時には、打ち解けるためにも二次会(買春)は必要だ
。弁解のように聞こえるかも知れないが韓国社会で買春は必要悪だ」という会社員の言葉を載せ
ている。
 この特集記事の中に「韓国社会に根付いた性売買文化を根絶するためには……」という表現が
あった。すなわち、売買春は「韓国型生活様式」の重要なフアクターなのだ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://depot3.blog75.fc2.com/tb.php/90-064a9cd6

«  | HOME |  »

プロフィール

野生馬 太郎

Author:野生馬 太郎
欧米列強と必死に戦ってきた爺ちゃんたちの名誉のために!

アジアの歴史と各民族性の相違を理解するために!


最新記事


カテゴリ

戦争裁判 (13)
満州開拓団 (2)
戦後処理 (4)
朝鮮半島引揚げの惨事 (4)
終戦直後の混乱 (9)
北朝鮮への帰還運動 (2)
シベリア抑留 (4)
慰安婦 (16)
その他 (7)
未分類 (0)
サハリン(樺太)韓国・朝鮮人残留 (3)
終戦時の朝鮮半島 (1)
韓国軍 (4)
日本人捕虜虐殺 (1)
空襲被害 (6)
海外からの引揚 (9)
日本占領 (1)
ソ連軍の暴虐 (3)
慰霊 (1)
戦場の実相 (8)
在日 (5)
韓国の売春事情 (9)
アメリカ (2)
メディア論 (1)
高級幹部 (2)
負け犬の心理 (2)
中国の不条理 (2)
歴史認識 (10)
北朝鮮 (2)
台湾 (1)
北海道が危ない (6)
満洲 (15)
韓国・北朝鮮の国民性 (2)
国家 (1)
朝鮮人強制連行 (1)
国家の軸 (1)
共産党研究 (1)
政治家のあるべき姿 (1)

月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード