「悪韓論」 韓国型生活様式が内包する売買春天国②

「悪韓論」 韓国型生活様式が内包する売買春天国②
                     室谷克実

■専業売春婦と副業売春婦
 ここ十年ほどを見ると、特記すべきは○四年九月の「性売買特別法」の施行だ。
 これが施行される前、政府の手による初の売春実態調査が実施された。その結果、明らかにさ
れた点は、中央日報(03・2・6)によれば、次のようなものだった。
 ①売春産業は年間二十六兆ウォン(約二兆六千億円)台の規模であり、○一年の国内総生産(
GDP)五百四十五兆ウォンの五%に当たる。
 ②「専業」女性はおよそ二十六万人で、満二十歳から三十四歳までの女性(○二年、統計庁)
人口の四%に当たる。
 ところで、ここで言う「専業」とは、どういう意味なのか。
          
 公娼館、あるいは私娼窟にいる女性のことだ。つまり、客の方が「それだけを目的に」して来
る店で待機している売春婦だ。
 すなわち、「副業売春婦」がいる。簡単に言えば、酒を飲む店で、客の隣に座り酌をする女性
は、韓国の常識では「頼めばできる存在」なのだ(専業よりずっと高いが)。
 当時、売春禁止運動を進めた女性団体は、専業・副業合わせて八十万人という数字を挙げてい
た。満二十~三十四歳の女性の一割超が……ということだ。
 施行された「性売買特別法」により、公娼館は店を閉じ、私娼窟も数年にしてその機能を縮小
した。専業売春婦による「売春させろデモ」は何度かあったが……。
 しかし、「韓国人売春婦」が姿を消したわけではなかった。
 専業売春婦たちの少なからぬ部分は、海外へ飛躍した。「輸出大国」の面目躍如。もちろん、
先導・引率する業者がいた。
 同時に韓国国内では、旧専業系が既存の「按摩手術所」(売春婦は、按摩の補助員という名目
で客を待つ)に流れたり、「スポーツーマッサージ」「休憩店」などに看板の架け替えで生き延
び、いまや業者が運営する売春サイト(愛人バンク)が主流になったようだ。
 副業系は「ルームサロン」(いろいろな訳語があるが、私は「洋風妓生料亭」としたい)、
「ホストクラブ」に代表されるが、これは高額料金だ。「居酒屋の酌婦」「料理屋の仲居」もい
る。庶民向けは伝統の「変態床屋」「変態美容院」「チケット喫茶」が健在だ。チケット喫茶と
は、コーヒーを何十人分か注文すると、魔法瓶に少量のコーヒーを入れた女性が配達してきて…
…。
 「カラオケーコンパニオン」「カラオケーホスト」「キス部屋」「出張ルーム」「オフィバン
」(オフィスビルの中にある休憩室といった意味)と、様々な変種も誕生している。さらにフリ
ーで稼ぐネット系が大勢いる。
 性売買特別法の施行直前の、「これからは売春地帯に足を運ぶと、敗家亡身(身代をつぶし、
身を滅ぼす)する」(東亜日報04・9・13)との見通しは完全に外れた。
 性売買特別法の施行は副作用ももたらした。
 公娼には厳格な衛生検査があったが、その「絶対安全」な集団が消えてしまったのだ。
 こんな事件があった。准看護師のグループが、夜な夜な遊興業の店を訪ね歩き、血液検査もし
ないで「梅毒、エイズなし」の証明書を一枚一万五千~二万ウォンで売ったのだ。その数が一万
枚というのだから驚きだ(韓国経済新聞12・5・24)。
 他人の健康・命など《滅公奉私》の価値の前には吹っ飛ぶのだ。

 ■老人には老人専門売春婦が偽バイアグラで
 韓国の専業・副業の売春婦はどれほどいるのか。もちろん明確な統計はないが、周辺の統計や
推計は多々ある。
 朝鮮日報(11・5・13)は、ルームサロンなど風俗飲食店についてこう報じている。
 「農水産物流通公社の外食業界統計によると、飲食店および酒店業は○五年の五十三万千九百
二十九ヵ所から○九年には五十八万五百五ヵ所へと九・一%増えた」
 「風俗飲食店は、世界的な金融危機で景気が低迷した○九年にも減少しなかった。主な客層で
ある高所得層による消費が不況時にも減少しなかったため」「従事者数は○五年の九万三千五百
七十六人から○九年の十万三千三百八十七人へとI〇・五%増。売上局は同じ期間に二四・八%
増の三兆四千九百三十億ウォン(約二千六百億円)となった」(同前)
 間違ってはいけない。ここに出てくる売上局とは、店に支払われてレシート(税務計算書)が
切られた飲食代・サービス料のことであり、売春料は別だ。

 次もやはり朝鮮日報(12・6・15)の記事だ。
 女性家族省が○七年に実施した実態調査によると「風俗産業の経済規模はおよそ十四兆九百五
十二億ウォン(現在のレートで約九千六百二十二億円)と試算されている」「全国で四万六千二
百四十七ヵ所の風俗店が営業していて、客となる男性は年間で延べ九千三百九十五万人に達する。
成人男性の数を二千万人と考えると、一人の成人男性が一年に五回近く風俗店を利用している」。
 これも実数値にはほど違い。店を構えていないネット系が入っていないからだ。
 「過度のフェミニズム反対を標榜する男性連帯という組織は、ネット系愛人バンク五十四万人
、ネット系フリー二十五万人、チケット喫茶十六万人、キス部屋四万五千人、変態床屋四万人な
どなどの他に、海外遠征組が十四万四千人で、合計百八十九万人という推計値を発表している」
(毎日経済新聞11・12・9)
 中学生の売春も摘発されているし、「金のない老人」相手を専門にする「老女売春婦」も報じ
られている。
「午後一時ごろ、ソウル市の宗廟公園正門と後門には、四十~七十代の女性が大勢集まって座っ
ていた。これらの女性は化粧が濃く」「高齢者は『あの女性たちは一回一万~二万ウォン(約七
百~千四百円)でできる』と話した」「モーテルや旅館の客引きは、夕方になると路地に出てき
てチラシを配り、高齢者に偽物のバイアグラを一錠ずつ握らせる」(朝鮮日報12・9・2「偽バ
イアグラ飲んで格安買春、高齢者の性の実態」)
 旅館と言っても、そこにあるのは布団のスペースだけをベニヤで仕切ったような部屋で、もち
ろん格安だ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://depot3.blog75.fc2.com/tb.php/89-e086e92d

«  | HOME |  »

プロフィール

野生馬 太郎

Author:野生馬 太郎
欧米列強と必死に戦ってきた爺ちゃんたちの名誉のために!

アジアの歴史と各民族性の相違を理解するために!


最新記事


カテゴリ

戦争裁判 (13)
満州開拓団 (2)
戦後処理 (4)
朝鮮半島引揚げの惨事 (4)
終戦直後の混乱 (9)
北朝鮮への帰還運動 (2)
シベリア抑留 (4)
慰安婦 (16)
その他 (7)
未分類 (0)
サハリン(樺太)韓国・朝鮮人残留 (3)
終戦時の朝鮮半島 (1)
韓国軍 (4)
日本人捕虜虐殺 (1)
空襲被害 (6)
海外からの引揚 (9)
日本占領 (1)
ソ連軍の暴虐 (3)
慰霊 (1)
戦場の実相 (8)
在日 (5)
韓国の売春事情 (9)
アメリカ (2)
メディア論 (1)
高級幹部 (2)
負け犬の心理 (2)
中国の不条理 (2)
歴史認識 (10)
北朝鮮 (2)
台湾 (1)
北海道が危ない (5)
満洲 (15)
韓国・北朝鮮の国民性 (2)
国家 (1)
朝鮮人強制連行 (1)
国家の軸 (1)
共産党研究 (1)

月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード