「悪韓論」 韓国型生活様式が内包する売買春天国①

「悪韓論」 韓国型生活様式が内包する売買春天国①
                     室谷克実
■ソウル特派員はなぜ送稿しなかった
 俗に言う「従軍慰安婦」が、戦時の商業売春婦だったことは明らかだ。
①強制連行の具体的証拠が全く出てこない、
②一方、業者による募集広告は、現物が残っている、
③一部の女性が戦後になって、戦前・戦中なら豪邸を二軒買えるほどの郵
便貯金の払い戻しを求める訴訟を起こしたーーもはや議論の余地もない。

 しかし、韓国側は戦後四十年近く経ったあたりから「強制連行された慰安婦」であるとし、そ
の補償を要求し続けている。二〇一〇年代に入ると、「奴隷」という言葉に弱い米国を意識して
、「慰安婦ではなく、実は性奴隷だった」と、嘘の上塗りを始めた。

 そうした中で「朝鮮日報」が一二年六月中旬、海外に大規模進出している韓国売春産業に関す
る大特集記事を掲載した(日本語サイトヘのアップは十五、十六の両日にわたる)。

 私か現役のソウル特派員だったら、直ちに次のように送稿していただろう。
 「韓国で最大の発行部数を持つ朝鮮日報は十五日、同国の売春産業が海外に大規模進出してい
る現状を伝える特集記事を掲載、この中で同国の風俗店で働く女性が二十七万~百九十万人と推
定され、その一割が海外に”遠征”していると伝えた。同記事によると日本には……」と。
 戦時中の慰安婦と今日の売春婦には、直接の関係はない。しかし、韓国の最有力紙が「性産業
輸出大国・韓国の恥ずかしい現実」という大見出しの特集を組んだこと自体、隣国の人間は知っ
ておくべきだ。
 ところがネットでいくら検索してみても、日本のマスコミが直ちに特集記事を転電した形跡は
皆無だった。日本の特派員たちは何を怠けているのか。
 それとも”韓国への愛情”が強すぎて、「韓国の悪い側面」を日本に知らせてはならないとでも
思い込んでいるのだろうか。そうだと思う。私が見るところ、日本のマスコミのソウル特派員に
は、少なくとも八〇年代前半から、そうした傾向が濃厚だった。
 全斗煥政権(一九八〇~八八年)の時代に日本の対韓報道で大きな問題だったのは、情報当局
による圧力よりも、ひ弱な日本人特派員が勝手に設ける”自己規制”の方だったと私は思っている。

■ 傷痕だらけの「性史」が今も続く
 朝鮮半島には古来、「献女」の歴史がある。
 記紀には、新羅征伐のため兵を率いて半島に渡った日本の将が、新羅から贈られた二人の美女

に誑かされ、何と同邦の任那を攻撃してしまった話が載っている。
 新羅は、唐の皇帝が「献女禁止」の勅令を発しても、密かに献女を続けた。大国に貢
ぐような優れた手工業製品を作れなかったことが背景にある。そして、献女として行っ
た美女は役目が終わっても唐に留まり、商売を始めた。新羅は海外進出型売春の先進国
だったのだ(拙著『日韓がタブーにする半島の歴史』参照)。
 高麗王朝は蒙古に蹂躙され、毎年、何万もの女性を揃えて蒙古に提供した。その時に
生まれた四字熟語が「胡水満腹」。「胡」とは蒙古人、「水」とは精液のことだ。
 李王朝は、官衙に属する妓生を中央にも地方にも多数抱えていた。
 『日東壮遊歌』には、日本に渡る朝鮮通信使一行が漢城(ソウル)を出てから釜山を船
出する時まで、行く先々で地元の役人から妓生の提供を受けていた様が、まるで当たり
前のことのように記されている。
 北朝鮮の「喜び組」は、まさに「官衙に属する妓生」の伝統を引く存在だ。
 今日の韓国でしばしば話題になる「芸能人による性接待」とは、有名女優や歌手を一
晩買い上げて贈り物にする「ロビー」戦術、現代版の献女だ。
 序章で紹介した『古今笑叢』には、亭主持ちの妓生が浮き浮き気分で仕事に出かける
様子、あるいは妓生が「私たちは東寝西食」と開き直る場面などが面白く描かれている。
 そして朝鮮戦争中の韓国軍向け「管理型慰安婦」、ベトナム戦争中に韓国人業者が引
き連れて現地に行った慰安婦。ライタイハンをつくるだけでは満足しなかったのだ。
 ○二年には、こんなことがあった。
 「フィリピン政府が米軍基地周辺の繁華街でホステス業や売春などを強要された自国女
性に代わって、韓国のオーナーを相手取って損害賠償訴訟を準備している中、今回は在
韓米軍が部隊周辺の繁華街などに対する取り締まりを韓国警察に公式に要請してきた。
 世界の各国に駐屯している米軍の中で、該当国家にこのような要請をした前例がない
だけに、これほどの”恥さらし”はない」(朝鮮日報02・10・18「人身売買の国のレッテルを張られたコリア」)

 この記事の最初に出ているのは、「東豆川繁華街フィリピン女性十一人の監禁売春事件」だ。

その時のフィリピン女性の一人が書いていた日記には、こうあった。
「友人が韓国人の客に殴られて痣ができた。客と外出することを嫌がると、社長に怒鳴られた。
韓国人は皆、セックスマニアックだ。おお神よ」(同前)
長い長い傷痕だらけの「性史」だ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://depot3.blog75.fc2.com/tb.php/88-a2f3197e

«  | HOME |  »

プロフィール

野生馬 太郎

Author:野生馬 太郎
欧米列強と必死に戦ってきた爺ちゃんたちの名誉のために!

アジアの歴史と各民族性の相違を理解するために!


最新記事


カテゴリ

戦争裁判 (13)
満州開拓団 (2)
戦後処理 (4)
朝鮮半島引揚げの惨事 (4)
終戦直後の混乱 (9)
北朝鮮への帰還運動 (2)
シベリア抑留 (4)
慰安婦 (16)
その他 (7)
未分類 (0)
サハリン(樺太)韓国・朝鮮人残留 (3)
終戦時の朝鮮半島 (1)
韓国軍 (4)
日本人捕虜虐殺 (1)
空襲被害 (6)
海外からの引揚 (9)
日本占領 (1)
ソ連軍の暴虐 (3)
慰霊 (1)
戦場の実相 (8)
在日 (5)
韓国の売春事情 (9)
アメリカ (2)
メディア論 (1)
高級幹部 (2)
負け犬の心理 (2)
中国の不条理 (2)
歴史認識 (10)
北朝鮮 (2)
台湾 (1)
北海道が危ない (6)
満洲 (15)
韓国・北朝鮮の国民性 (2)
国家 (1)
朝鮮人強制連行 (1)
国家の軸 (1)
共産党研究 (1)
政治家のあるべき姿 (1)

月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード