この死からの脱出-私の引揚体験記 その3

■現地人に助けられた父   大浦明美(21年11月満州・安東省荘河より引揚)

 昭和二十年八月十五日、当時、国民学校の三年生で、ラジオもデンキもない世界に住んでいた私にとっては、学校が早いめに終ったのと、その夜、父が一晩中、風呂をたき、書類を燃やしていたのが、常と違う印象であった。 ソウガというその満州の片田舎にある小さな町の警察にいた父は、憲兵隊だったか誰か親しい知人から電話があり、別れの言葉をいったあと、何発かの自決のための弾の音をきいたとあとあとになって、語ってくれた。その南京豆のおいしい海辺の町は、明けて八月十六日になると、大きな官舎の鉄の扉をたたきこわして乱入する現地人達を迎えた。昨日までとは打って変ったそのようす。家財をすみずみまで持ち去っていく姿は、幼な心にも大変強烈な印象であった。

 その日のあとに私達は、大連に近い町の小学校の講堂に寝起きしていた。このときの印象をいえば夜ごとにソ連兵が、若い女を探しに来るということで、十二、三歳から上の女の人は、みんな顔に炭をぬったり、断髪をしたりしていたのを覚えている。父は元警官であったため、ピストル等を所持することは具合悪いと考え、囲りの人達のを集めて、コウリに入れ、校庭にうめていたようだった。そして身分をかくすため、このころから家族全員が偽名になった。

 やがて、大連から塩運びのジャンクにのって安東に着いた。この町は、私は今でも第二の故郷と思っているくらい渡満した最初の想い出深い土地であった。そして、入学の思い出も深い国民学校を横目で見ながら、旅館に落着いた。二十年の暮だったように思う。この旅館は、避難民で満ちていた。戦時中一クセあった連中ばかりであった。特に父は、元警察の上層部ということでねらわれていた。

 昭和二十一年一月十七日のことだった。中国人が殺害され、その寛人が旅館にいるというので、みんな市の公会堂に集められた。雪の積った寒い日だった。結局、犯人がいたのかどうか判らぬまま、私達は安東市外の競馬場に移動させられた。途中脱走した人達は、ハ路軍に機関銃で射殺された。

 競馬場では、馬小屋一頭分が一家族であった。そのときのことだった。父は八路軍二十人ばかりに銃口を向けられ、円の中に立たされたのである。警官だったことがバレたのだ。彼らは、ピストルをかくしていて自分たちがおそわれるのを恐れたのである。父の言葉を信用しない彼らの、銃口が火を吹こうとしたとき、その中に以前可愛がっていた中国人が割り込んで来て、父の言葉を信用してくれ、ようやく釈放されたという。その父はいま七十歳を越えてなお元気である。 その競馬場からは十里以上の追放になった。寒風吹きすさぶなかを荷馬車にゆられ、湯山城という遠い親類を頼った旅が続いた。この村での生活は永く、落ち着いた毎日だった。しかし人々の胸に望郷の思い捨てがたく、コックリさんが大変流行した。そして二十一年九月、帰国のための苦しい旅につくのである。

 汽車にのれば二十分くらいの所が、戦火によりズタズタになっている。そのため毎日毎日川の中を歩き、山路を歩き、ときには無蓋車にのり、雨にたたかれ、死んだ人を路傍に見捨て、前の人におくれることなく毎日八里ばかり半月も歩いただろうか。

 京都、金せい、奉天、新京、そしてコロ島。このコロ島から玄海灘で流されながら、船は博多に着いた。コレラ発生で 一週間ほど上陸はのびたけれど、赤茶けた大陸の山を見慣れた私にとって、みどりの山々が、そして差し入れの青いみかんが、どんなに新鮮に映ったことだろう。昭和二十一年十一月も末の日のことであった。



■同性を救った10人の芸妓    篠原与四郎(20年12月北京より引揚)

 紅い夕陽が、淀んだ西の空を真赤に染めはじめたころ、北京の在留日本人の引揚者を乗せた輸送船(米軍LST)三隻が錨を揚げ、天津から白河を下っていった。それは昭和二十年十二月十日の夕暮れのことだった。

 天津の外港、塘活岸壁にいったん碇泊し、乗員(引揚者)の再検査が済んで薄暮の外海へ静々と進んだとき、上甲板に出ていた私たちの瞳がうるんだ。ニれが惜別の涙というものかしら、あれほど祖国の土を懐しんだ私だったが、いざ大陸を離れるとなったら、戦友や北京で世話になった人々の声が耳に残り、つい「さようならお先に……有難う」と唇から洩れ、夜のとばりの下りるのも知らなかった。 こうして引揚げの第一夜を迎えたのだが、九時には消灯、小さな保安灯が船内をわずかに照らしているだけだった。やがてたくましい黒人海兵が三名で巡視に廻って来た。たどたどしい日本語で一人が「おれたちは沖縄織の勇士だ。お前たちはこれからおれたちの指揮に従わねばならない。そこで、持っている時計、指輪など貴金属をみんな出せ」という。

 一人は一メートルほどの麻縄の束をもって引揚者の身体検査を始め、ワニ皮や高級品の帯革をしめている者からはそれさえ取り上げ、「お前はこれでよろしい」ととりかえる。もう一人はピストルをもって二人の行動を護衛していた。詰所というか監視所というか、一段高い場所に帰った彼らは、机の上に戦利品を並べ、なにやら話し合いゲラゲラ笑っている。話の内容は解らなかったが、おそらく戦利品の分配の話だったろう。 私の近くにいた引揚者の一人は素早く腕時計をはずし、もっていた握飯の中へ握り込んでしまった。黒人兵の帰った後で、彼はその握飯を割って見せた。握飯がコツコツと時をきざんでいた。彼は佐世保へ上陸するまで、その握飯を食うことは出来なかった。

 第二日目、船の速力は遅く、もどかしくてならない。朝食に支給された水は、小さな茶飲み碗に一杯ずつ、これで今日一日を過ごせというのだ。私と友人はいっぺんにググーッと飲んでしまった。午後になったらのどがカラカラに乾いてしまった。そこで、飯ごうをヒモでつるし、海水を汲み揚げて飲んでみたが、とても塩辛くて飲めるものではない。友人の島津国臣君(当時、毎日新聞経済部記者、のちTBSへ移る)が、北京の煙草公司の石渡理事長から兄の石渡荘太郎氏(当時、宮内大臣)へ渡してくれと預かってきたサッカリンを持ち出し、混ぜてみたが、甘辛のおかしな水が出来上って、これまたのどを通らなかった。船室へ帰ると、乗船のときから青ざめたフラフラの青年が血を吐いて寝ていた。彼はもともと肺結核で、船旅は無理と知りつつ、どうせ死ぬなら内地の土になりたいと周囲の引き止めるのをふり切って乗船したという。

 米兵による陵辱
その日、昼間は何事もなく済んだが、夜になって大変なことが起こった。昨夜、強奪に来た黒人海兵がまたやって来て、「上官の命令だ、十人ほど若い婦人を提供せよ」という。船内は大騒ぎ、若い夫婦者、独身女性など怯えきって唇をふるわせるだけで、声も出ない。黒人兵に連れ去られたら最後、生命の保証すらない。すると片隅から一人の女性が起ちあがって「このところはわたしたちにお任せ下さい。みなさんを鬼のような米兵のいけにえにするわけにはまいりません。わたしたちはついこの間まで済南で芸妓をしていたものです。どうせ体の汚れついでです。ちょうど十人おります。ちょっと片づけて来ますから……」といったかと思うと、彼女らは化粧をし直して出ていった。彼女らのうしろ姿に掌を合せるものすらいた。おそらく観世音菩薩の化身にも見えたのだろう。独り身の私は、このときばかりは故郷で私の帰りを持つ妻子の顔が思い浮かび、いつまでも眠れなかった。

 第三夜。肺結核で血を吐いて寝たっきりのあの青年がとうとう死んだ。所持品によって九州の男とわかった。誰ひとり、死水をとってやる者もいなかった。もっとも、朝、支給される一ばいの真水だけでは無理もない。深更十二時過ぎ、各グループから一人ずつ代表が上甲板に召集された。そこへ艦長が正装して現われ、「これから米海軍の慣習によって水葬を行なう」と宣言。舷側に、君が代の吹奏につれて日の丸がするすると掲げられ、やがて新しい毛布に包まれた青年の骸が静々と玄海灘に沈められていった。後ろの方から讃美歌の合唱が聞こえた。その合唱隊の中に、夜な夜な船内を荒し廻った黒人海兵の姿も見えた。その夜ばかりはさすがにシーンとしていた。やがて暗闇の海上に、漁り火がちらちらと見えはじめた。


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://depot3.blog75.fc2.com/tb.php/59-0859778d

«  | HOME |  »

プロフィール

野生馬 太郎

Author:野生馬 太郎
欧米列強と必死に戦ってきた爺ちゃんたちの名誉のために!

アジアの歴史と各民族性の相違を理解するために!


最新記事


カテゴリ

戦争裁判 (13)
満州開拓団 (2)
戦後処理 (4)
朝鮮半島引揚げの惨事 (4)
終戦直後の混乱 (9)
北朝鮮への帰還運動 (2)
シベリア抑留 (4)
慰安婦 (16)
その他 (7)
未分類 (0)
サハリン(樺太)韓国・朝鮮人残留 (3)
終戦時の朝鮮半島 (1)
韓国軍 (4)
日本人捕虜虐殺 (1)
空襲被害 (6)
海外からの引揚 (9)
日本占領 (1)
ソ連軍の暴虐 (3)
慰霊 (1)
戦場の実相 (8)
在日 (5)
韓国の売春事情 (9)
アメリカ (2)
メディア論 (1)
高級幹部 (2)
負け犬の心理 (2)
中国の不条理 (2)
歴史認識 (10)
北朝鮮 (2)
台湾 (1)
北海道が危ない (6)
満洲 (15)
韓国・北朝鮮の国民性 (2)
国家 (1)
朝鮮人強制連行 (1)
国家の軸 (1)
共産党研究 (1)
政治家のあるべき姿 (1)

月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード