朴韓国大統領の反日発言

「(日韓関係は)いまだ過去に縛られて未来に進めずにいる」「(日本の首相の靖国神社参拝は)隣国の国民感情に配慮し、他の方法を模索する必要がある」
  (2006年、東京の日本記者クラブでの記者会見で)

「アジアで緊張と葛藤を緩和し、平和と協力が一層拡散するよう米中日露などと厚い信頼を積み上げる」
  (13年2月25日、大統領就任演説で)

「加害者と被害者という歴史的立場は1000年の歴史が流れても変えることはできない」「未来の世代にまで歴史の重荷を背負わせてはいけない。政治指導者たちの決断と勇気が必要な時だ」
  (13年3月1日、「3・1独立運動」記念式典演説で)

「歴史に目を閉ざす者は未来が見えない」 
  (13年5月8日、訪問先の米議会で演説)

「日本の政治家たちが過去の傷を癒やす勇気ある指導力を見せなくてはいけない」  
  (13年8月15日、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の演説で)

「慰安婦問題は今も進行中の歴史だ。日本は謝罪どころか侮辱し続けている」
  (13年9月30日、訪韓した米国防長官との会談で)

「最近になって村山談話、河野談話を否定する言動が出てきたので、両国関係の協力する環境をしきりに壊す状況を作っている」「日韓首脳会談は、結果を導き出せるよう事前に十分な準備がなくてはいけない」 
  (14年1月6日、新年記者会見で)
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://depot3.blog75.fc2.com/tb.php/103-524c1fb3

«  | HOME |  »

プロフィール

野生馬 太郎

Author:野生馬 太郎
欧米列強と必死に戦ってきた爺ちゃんたちの名誉のために!

アジアの歴史と各民族性の相違を理解するために!


最新記事


カテゴリ

戦争裁判 (13)
満州開拓団 (2)
戦後処理 (4)
朝鮮半島引揚げの惨事 (4)
終戦直後の混乱 (9)
北朝鮮への帰還運動 (2)
シベリア抑留 (4)
慰安婦 (16)
その他 (7)
未分類 (0)
サハリン(樺太)韓国・朝鮮人残留 (3)
終戦時の朝鮮半島 (1)
韓国軍 (4)
日本人捕虜虐殺 (1)
空襲被害 (6)
海外からの引揚 (9)
日本占領 (1)
ソ連軍の暴虐 (3)
慰霊 (1)
戦場の実相 (8)
在日 (5)
韓国の売春事情 (9)
アメリカ (2)
メディア論 (1)
高級幹部 (2)
負け犬の心理 (2)
中国の不条理 (2)
歴史認識 (10)
北朝鮮 (2)
台湾 (1)
北海道が危ない (6)
満洲 (15)
韓国・北朝鮮の国民性 (2)
国家 (1)
朝鮮人強制連行 (1)
国家の軸 (1)
共産党研究 (1)
政治家のあるべき姿 (1)
中国人とは (1)

月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード