「永遠のゼロ」③ エリートの弱さ

「永遠のゼロ」
第7章 狂気 365ページ
「私、太平洋戦争のことで、いろいろ調べてみたの。それで、一つ気がついたことがあるの」
 「何?」
 「海軍の将官クラスの弱気なことよ」
 「日本軍て、強気一点張りの作戦をとってばかりじやなかったのかな」
 「強気というよりも、無謀というか、命知らずの作戦をいっぱいとっているのよね。
ガダルカナルもそうだし、ニューギニアの戦いもそうだし、マリアナ沖海戦もレイテ沖海戦もそう。有名なインパールもそう。でもね、ここで忘れちやいけないのは、これらの作戦を考えた大本営や軍令部の人たちにとっては、自分が死ぬ心配が一切ない作戦だったことよ」
 「兵隊が死ぬ作戦なら、いくらでも無茶苦茶な作戦を立てられるわけか」
 「そう。ところが、自分が前線の指揮官になっていて、自分が死ぬ可能性がある時は、逆にものすごく弱気になる。勝ち戦でも、反撃を怖れて、すぐに退くのよ」

 「なるほど」
 「弱気というのか、慎重というのか----たとえば真珠湾攻撃の時に、現場の指揮官クラスは第三次攻撃隊を送りましょうと言ってるのに、南雲長官は一目散に逃げ帰っている。珊瑚海海戦でも、敵空母のレキシントンを沈めた後、井上長官はポートモレスビー上陸部隊を引き揚げさせている。もともとの作戦が上陸部隊支援にもかかわらずよ。ガダルカナル緒戦の第一次ソロモン海戦でも三川長官は敵艦隊をやっつけた後、それで満足して敵輸送船団を追いつめずに撤退している。そもそもは敵輸送船団の撃破が目的だったのに。この時、輸送船団を沈めていれば、後のガダル

カナルの悲劇はなかったかもしれない。ハルゼーが言っていたらしいけど、日本軍にもう押しされていたらやられていた戦いは相当あったようよ。その極めつけが、さっき聞いたレイテ海戦の栗田長官の反転よ」
 姉の口から詳しい戦記の話が出てきたので驚いた。相当、様々な本を読んだのだなと思った。
 「なぜ、そんなに弱気な軍人が多いの」とぼくは聞いた。
 「多分、それは個人の資質の問題なのだろうけど、でも海軍の場合、そういう長官が多すぎる気がするのよ。だからもしかしたら構造的なものがあったと思う」
 「どういうこと」
「将官クラスは海軍兵学校を出た優秀な士官の中から皿に選抜されて海軍大学校を出たエリートたちよ。言うなれば選りすぐりの超エリートというわけね。これは私の個人的意見だけど、彼らはエリートゆえに弱気だったんじやないかって気がするの。
もしかしたら、彼らの頭には常に出世という考えがあったような気がしてならないの」
 「出世だってーーー戦争しながら?」
 「穿ちすぎかもしれないけど、そうとしか思えないフシがありすぎるのよ。個々の戦いを調べていくと、どうやって敵を撃ち破るかではなくて、いかにして大きなミスをしないようにするかということを第一に考えて戦っている気がしてならないの。たとえば井崎さんが言ってたように、海軍の長官の勲章の査定は軍艦を沈めることが一番のポイントだから、艦艇修理用のドックを破壊しても、石油タンクを破壊しても、輸送船を沈めても、そんなのは大して査定ポイントが上がらないのよ。だからいつも後回しにされるーーー」
 「でも、だからって、出世を考えていると言うことはないんじやないかな」
 「たしかに穿ちすぎた考えかも知れない。でも十代半ばに海軍兵学校に入り、ものすごい競争を勝ち抜いてきたエリートたちは、狭い海軍の世界の競争の中で生きてきて、体中に出世意欲のことが染みついていたと考えるのは不自然かな。
スポンサーサイト

「永遠のゼロ」④高級幹部は相身互い

「永遠のゼロ」
◆高級幹部は相身互い

第7章 狂気 370ページ
「実は僕も軍隊について調べて気づいたことがある」
「何?」と姉は聞いた。
 「姉さんも言ってたけど、日本海軍の高級士官たちの責任の取り方だよ。彼らは作戦を失敗しても誰も責任を取らされなかった。ミッドウェーで大きな判断ミスをやって空母四隻を失った南雲長官しかり。マリアナ沖海戦の直前に、抗日ゲリラに捕まって重要な作戦書類を米軍に奪われた参謀長の福留中将しかり。福留中将は敵の捕虜になったのに、上層部は不問にした。これが一般兵士ならただではすまなかったはずだ


辻 正信 「兵士には、捕虜になるなら死ねと命じておいて、自分たちがそうなった時は知らん顔するのね」
「高級エリートの責任を追及しないのは陸軍も同じだよ。ガダルカナルでバカな作戦を繰り返した辻正信も何ら責任を問われていない。
信じられないくらい愚かなインパール作戦を立案して三万人の兵士を餓死させた牟田口中将も、公式には責任はとらされていない。ちなみに辻はその昔ノモンハンでの稚拙な作戦で味方に大量の戦死者を出したにもかかわらず、これも責任は問われることなく、その後も出世し続けた。
 代わって責任は現場の下級将校たちが取らされた。多くの連隊長クラスが自殺を強要されたらしい」
 「ひどい!」
 「ノモンハンの時、辻らの高級参謀がきちんと責任を取らされていたら、後のカタルカナルの悲劇はなかったかもしれない」 姉が悔しそうに顔を歪めた。
 「でも、どうして責任を取らされないの?」
 「そのあたりはよくわからないんだけど」とぼくは言った。
 「もしかしたら官僚的組織になっていたからだと思う」
 姉は頷いた。
 「そうかーーー責任を取らされないのは、エリート同士が相互にかばい合っているせいなのね。仲間の失敗を追及すれば、自分が失敗した時に跳ね返ってくるってわけね」
 牟田口廉也「それはあったと思う。インパール作戦で牟田口の命令に反して兵を撤退させた佐藤幸徳師団長は軍法会議にかけられず、心神喪失ということで、不問にされた。軍法会議を開けば、牟田口総司令官の責任問題に及ぶ。だから牟田口をかばうために、佐藤師団長の気がふれたことにして、軍法会議は行われなかったんだと思う。更に言うと、軍法会議になると、牟田口の作戦を認めた大本営の高級参謀たち、つまり自分たちにも責任が及ぶからだ。ちなみに牟田口のインパール作戦を認めた彼の上官、川辺中将は大将に昇級している」
 「最低ね」姉は呟いた。「そんな人たちのために、一般の兵士たちは命を懸けて戦わされたのね」
 「責任の話のついでに言うと、真珠湾攻撃の時、山本五十六長官が『くれぐれもだまし討ちにならぬように』と言い残して出撃したにもかかわらず、宣戦布告の手交が遅れて、結果的に卑怯な奇襲となつてしまった原因は、ワシントンの駐米大使館員の職務怠慢だったって伊藤さんが話したこと覚えてる? あの後、気になって調べたら、戦後、責任者は誰もその責任を取らされていない」
 「たしか上の人たちって、パーティーか何かしてたのよね」
 「そう、送別会で飲みまくって、翌日の日曜日に遅れてやってきたんだ。前日に外務省から「対米覚書」という13部からなる非常に重要な予告電報が送らわていたにもかかわらずそれをタイプすることもしないでパーティーで遊んでいたんだ。翌朝届いた宣戦布告の電報を見て、慌てて「対米覚書」からタイプにとりかかったが、遅れに遅れて、それをハル国務長官に手交したのは真珠湾攻撃開始後だった。宣戦布告の電報だけなら、わずか8行だったのに」
 「懲戒免職もののミスね」
 「それ以上だよ。そのミスのせいで『日本人は卑怯な編し討ちをする民族』という耐え難い汚名を着せられたんだ。それがどれほど大きいものか。たとえばアメリカには原爆を使用したことに関して『卑怯な日本に当然の仕打ちだ』という主張があるんだ。9・11の時も、アメリカのマスメディアは『このテロは真珠湾と同じだ!』と言ったらしい。日本という国にこれほどの汚辱を与えたにもかかわらず、当時の駐米大使館の高級官僚は誰も責任を問われていない。あるキャリア官僚はノンキャリの電信員のせいにしようとした。前日『泊まりこみましょうか』と申し出た人をだ。それを『不要』と帰らせた男が、戦後、彼に責任をなすりつけようとしたんだ」 姉はため息をついた。
 「結局、当時の高級官僚は誰も責任を取らされていないばかりか、何人かは戦後、外務省の事務次官にまで上り詰めている。もしこの時、彼らの責任をしっかりと問うていれば日本人の『卑怯な民族』という汚名はそそがれ、名誉は回復されたかもしれない。アメリカ人も『あれはだまし討ちではなかったのだな』と理解したはずだよ。

しかし今に至るも外務省は公式にミスを認めていないから、国際的には、真珠湾奇襲は日本人のだまし討ちということになっている」

 | HOME | 

プロフィール

野生馬 太郎

Author:野生馬 太郎
欧米列強と必死に戦ってきた爺ちゃんたちの名誉のために!

アジアの歴史と各民族性の相違を理解するために!


最新記事


カテゴリ

戦争裁判 (13)
満州開拓団 (2)
戦後処理 (4)
朝鮮半島引揚げの惨事 (4)
終戦直後の混乱 (9)
北朝鮮への帰還運動 (2)
シベリア抑留 (4)
慰安婦 (16)
その他 (7)
未分類 (0)
サハリン(樺太)韓国・朝鮮人残留 (3)
終戦時の朝鮮半島 (1)
韓国軍 (4)
日本人捕虜虐殺 (1)
空襲被害 (6)
海外からの引揚 (9)
日本占領 (1)
ソ連軍の暴虐 (3)
慰霊 (1)
戦場の実相 (8)
在日 (5)
韓国の売春事情 (9)
アメリカ (2)
メディア論 (1)
高級幹部 (2)
負け犬の心理 (2)
中国の不条理 (2)
歴史認識 (10)
北朝鮮 (2)
台湾 (1)
北海道が危ない (5)
満洲 (15)
韓国・北朝鮮の国民性 (2)
国家 (1)
朝鮮人強制連行 (1)
国家の軸 (1)

月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード